Chrysanthemum - 300 siro - コピー
  • JAPANESE
  • ENGLISH
 東京都文京区出身。4歳から6歳まで米国テキサス州ダラスで暮らす。白百合学園中学・高等学校卒業。東京大学卒業後、「進ぬ!電波少年」「電波少年的東大一直線」家庭教師・ケイコ先生としてデビュー。「救命病棟24時」「スタアの恋」などのドラマ出演「笑っていいとも」「東京フレンドパーク」資生堂のホワイトアップ、ハウスの豆腐グラタンなどのCM出演、雑誌Tarzan、クロワッサンなどに連載。ぴあの表紙を飾る。2003年、上方の女流第一人者二代目春野百合子に国立文楽劇場の楽屋にて弟子入り志願し、翌年、頭を丸坊主にして大阪に移り住み、修業を重ねる。 2006年初舞台。一心寺門前浪曲寄席、上方落語定席・天満天神繁昌亭、山本能楽堂・上方伝統芸能ナイトなどに定期的に出演するほか、他ジャンルの演芸・伝統芸能との企画や、舞台への出演、NHKの演芸番組などで浪曲出演を重ねている。 大阪市が未来の大阪文化を担う人材に対して贈る「咲くやこの花賞」大衆芸能部門受賞。2013年3月山本能楽堂にて本邦初の全編英語浪曲を披露。京セラドーム「オリックスvs阪神」交流戦にて国歌独唱。読売新聞「日だまりカフェ」連載執筆。浪曲親友協会理事。
【主な演目】番町皿屋敷、天狗の女房、両国夫婦花火、高田馬場、樽屋おせん、ほか。
 KEIKO HARUNO was born in Tokyo but spent her preschool years in Texas.  After graduating from the prestigious Tokyo University, she trained and auditioned as an actor and singer and soon achieved success as a TV talent, but found it unrewarding.  Inspired by her exposure to rokyoku, Keiko burst into the dressing room of the great Yuriko Haruno II (1929- ) after a performance and begged to be taken on as her full-time disciple.  Undaunted by rejection, Keiko regularly commuted by night bus the six hours between her home in Tokyo and Yuriko’s training studio in Osaka, until she was accepted as full disciple in 2003.  Keiko Harunomade her rokyoku debut in 2006 and since then has been blending conventional rokyoku performances with progressive projects incorporating other young traditional artists to reach new audiences.  Keiko works tirelessly to broaden rokyoku’s audience base and bring this exciting form of drama into the post-modern period.